人見知りに向いている仕事は?シャイな人でも問題なく働ける仕事を紹介

人見知りだけど、こんな自分でも向いてる仕事が知りたい!という方へ。シャイな人でも問題なく働ける仕事を紹介。

コミュ障で仕事辞めたい!コミ障の転職活動はどうすべき?

 

  • コミュ障だから仕事辞めたい!
  • 同僚や会社の人とうまくやっていけない!

 

そういった悩みをお持ちの会社員の方は多いかもしれません。

 

私もあまりコミュニケーションが得意な方ではありませんから、気持ちはわかります。

特に人間関係があまり良くない職場ですと、こちらからコミュニケーションを取るのも憚られますからね…。

また会社の同僚以外にも、コミュ障なのに営業の仕事などをしていても、当然仕事を辞めたくなりますね…。

 

一体どうしたら良いのでしょうか?

 

転職しても同じ問題が起こる可能性が

コミ障の人ですと、人間関係が上手くいかずに「仕事辞めたい」ということになってしまいがちです。

ですが、会社を変えてもあなたのコミュ障が治らなければ、どこに行っても同じ問題が引き起こされるかもしれません。

 

最近はブラック企業が増えてきていますので、環境が悪くて地獄のような毎日を送っている人は多いです。

ですが環境のせいではなくあなた自身の問題であれば、あなた自身が自分を変えようと思わなければずっとこのままかもしれません。

そんなことはあなたもよくわかっていると思いますが…。

 

コミュ障を治すためのトレーニング

もしかしたら、コミュ障はトレーニング次第で改善可能かもしれません。

私も以前、コミュ障気味でしたが、トレーニングすることでかなり改善させることができました。

具体的には、音読トレーニングを行った結果です。

 

読むものは本やウェブサイトの文章でもいいですが、何でもいいから文章を音読しましょう。

一日10分~15分でもいいですし、短期間に改善させたいのであれば一日1時間とか、あるいは数時間以上やっても構いません。

ネットでは結構「音読でニートや引きこもりを脱出した」みたいな人もいます。

そういった人は時間が有り余っていますから、一日8時間ぐらいやっていた人もいるみたいですね。

 

音読をすると、コミニケーションを司る脳の部位が活性化されます。

コミュ障の人は、単に会話をする機会が乏しく脳が退化している可能性があります。

 

コミュ障の原因が脳にあるのであれば、これでかなり改善するかもしれません。

音読すれば、発言することに慣れてきますからね。

口や顎も鍛えられますから。

また、脳が活性化することで頭の回転も速くなりますので、会話している相手が次に何をいうか?というのも察知しやすくなります。

結果的に、コミュ障が治りやすくなるんですね。

 

これは特に副作用もありませんので、ぜひとも行って頂きたいトレーニングです。

 

環境に問題がある場合は…

こんなページを見ているということは、あなたは自分をコミュ障だと自覚しているのかもしれません。

ですがもしかしたら、環境に原因がある可能性もあります。

 

例えば、

  • 会社の雰囲気が悪く気軽に発言できない
  • 誰とも話さずにこなせる単純作業の仕事をしている
  • 単純に同僚と気が合わずに話しかけられない

等々。

 

私は以前工場のライン作業の仕事をしていたことがありますが、誰とも話さずに仕事がこなせているのでコミニケーション能力がかなり下がった気がします。

転職したら治りましたが…。

やはり、使わない脳の部位は衰えていきますので、仕事によってはコミュ障になりがちだと思います。

 

職場の人間関係が悪かったり、上司がパワハラをしてきて気軽に発言できない環境だったりしたら、当然ですが恐怖感からコミュ障を発症してしまう可能性があります。

最近はブラックな会社も増えてきていますからね。

「会社では下手なことを発言できない」みたいに警戒心を抱きながら仕事をしている人もいるでしょう。

未だに減点法で仕事が査定される会社も多いですし、下手なことを言えないという恐怖心を抱いていると、無意識にコミュニケーションを避けるようになってしまいます。

 

そういったブラック企業に勤めているような人は、転職を検討するとよいでしょう。

 

コミュ障人見知りでも勤まる会社を探したいなら…

会社というのは、入ってみなければわかりません。

あなたの勤めている今の会社も、今みたいに「辞めたい」という思いになると分かっていたら入社を検討しなかったでしょうし。

 

入社してから

  • 「ここは自分には合わないな」
  • 「ここは長続きしないな」

というのが発覚したのではありませんか?

 

望むような会社に入社したいのであれば、転職サイトや求人誌のような媒体で探しても難しいかもしれません。

大抵の会社は、多くの求職者を集めるために求人票にウソを書いたり、いいことしか書かないからです。

 

そういう場合は、転職エージェントを利用すべきです。

エージェントはその求人が出ている会社について結構詳しいですから、その会社の雰囲気や人間関係などについても詳しく聞くことができます。

 

エージェントは転職を成功させないと1円も入りませんが、すぐに辞められてしまっても返金しなくてはいけません。

なので、極力あなたの希望にマッチした求人を紹介してくれるんですよ。

「コミュ障でも務まりそうな会社を紹介してください」と相談すれば、極力希望にあった求人を探して紹介してくれます。

 

日本企業の年齢差別はひどいので、できるだけ若い方がいい会社に行ける可能性もあります。

いい会社で人間関係もよければ、コミュ障でも勤まりやすいと思いますからね。

 

こちらでコミュ障人見知りでも勤まりやすい仕事を探す方法やエージェントについて書いていますので、参考にしてください。

⇒人見知りに向いている仕事は?シャイな人でも問題なく働ける仕事を紹介